先ほどニコニコ動画で「オーバーロード」という今期から始まったアニメを見てみた。
勇者モノの話であるが、今までのアニメとは違い、主人公が魔王の視点で自分に忠誠を誓う悪魔たちを従え、物語が動いていく形になっている。
ただ単に力づくで物事を動かしていくのかと思えば、主人公である魔王が支配欲に飢えた人ではなく、ボスの風格を出さなきゃ、どうしたらいいんだと戸惑う一面を見せる少年のような人物でキャラクターの個性が出ている。
忠誠を誓う悪魔たちも悪人としての自覚はあるが、どちらかと言えば主人公に忠義を尽くす為に切磋琢磨しているようで非情さというよりエゴがそのまま出ている感じで人間味がある。
それ故今後彼らがどのように物語を動かしていくのか非常に興味がある。
1つの見どころとして主人公の少年のような声と悪魔たちと率いるボスの声とのギャップが非常に大きい。
流石名悪役で名をはせ、少年役の経験が豊富な日野聡さんの魅力が前面に出ている。
部下の悪魔たちも変態だったり、ビッチだったり、男の娘だったり、笑いも豊富にありそうだ。
今後の物語の行方次第だが、視聴する番組になるだろう。
ブランド 出張買取り 即日

ご飯の後にお口の中をさっぱりさせたい、でもただの氷じゃ味気ない。
アイスはカロリーがちょっと気になるし…。
そんな人にはお茶氷を作ることをおすすめします。
方法は簡単、製氷皿にお茶を注いで冷凍庫で凍らせるだけです。
この時にお茶の種類はなんでもいいのですが、自分で茶葉から淹れたものよりもペットボトル飲料をおすすめします。
自分で淹れたお茶だと薄くなったり濃くなったり、凍らせている途中で成分が分離してしまうのか層になってしまう場合がありますが、ペットボトルのものなら味が一定のままで凍ってくれるからです。
個人的な王道は麦茶を凍らせた麦茶氷だと思います。
でも案外ほうじ茶氷もすごくさわやかな味がして美味しいんですよ。
そば茶氷や玄米茶氷もなかなか捨てがたかったですね。
凍らせてもちゃんとお茶の香りも残っていますから、味気ないなんてことはありません。
他にもお茶を氷にすると本体の飲み物を飲むときに薄くならないという利点があります。
ちょっと趣旨はずれますけど、製氷皿を使ってジュースを凍らせてかき氷にするというのもいいです。
それで、その時の製氷皿はできるだけ蓋が付いているものがいいと思います。
重ねておけばスペースの節約になりますしね。
お茶氷を作って、ぽいっと一粒口に入れてみると、すっかりはまってしまうと思いますよ。
カロリーも少ないので、ダイエットをしている人にもおすすめです。
ブランド 買取り 静岡