活性酸素と抗酸化物質

少し前からアンチエイジングという言葉が使われるようになってきましたね。
これは肌や体の衰えといった老化現象に対するエイジングケアと言えるでしょう。
そうすることで美容面、健康面で若々しくいられることを意味しています。
そんなアンチエイジングを考える上で重要なのが活性酸素を退治することです。
そもそも老化現象が起きるということは身体の細胞が酸化してしまって
イメージとしては錆びついてしまうことによって起こることがほとんどです。
そして、細胞が酸化してしまう原因になっているのが活性酸素なんですね。
活性酸素というのは私達が呼吸によって体内に取り入れた酸素が変化したものです。
この活性酸素には協力な酸化力があって実は体に侵入したウイルスをやっつけたりと
いった人体にとってプラスの働きもあるのですがあまりにも増えすぎてしまうと
前述したような老化現象を引き起こしてしまう元にもなりえるのです。
そうならないために必要になるのが抗酸化物質です。
抗酸化物質は身体に溜まった活性酸素を無害なものに変化させ体外に排出する
手助けをしてくれる物質になります。
一口に抗酸化物質と言ってもポリフェノールやビタミンなど様々あります。
最近ではポリフェノールの抗酸化作用に割と注目が集まっていますよね。
このような抗酸化物質をバランスよく摂取することが老化を防ぐ一助となるのです。