メラトニンという物質

メラトニンという睡眠ホルモンのことを知っているでしょうか?人は長い時間
活動した後に大脳をサポートしている神経伝達物質やホルモンが分解されると
言われていますがこの時に脳内で蓄積されるのが睡眠物質と言われるものです。
この睡眠物質が溜まってくると人間は疲労を感じて徐々に眠くなってきます。
そして睡眠を取ることによって脳内に溜まった睡眠物質というのは消えてなくなり
また大脳が活発に動き出すと言われています。この睡眠物質というのは何も
一種類だけではなくいろいろな種類があります。メラトニンというのは脳内で
分泌されるホルモンの一種で一般的には眠りを誘うホルモンとして知られています。

このメラトニンは人間の自然な眠りを誘発する効果や時差ボケを元に戻すような
効果もあり、脈拍や体温、血圧を低下させることで眠りを導くという物質です。
このメラトニンには特殊な性質があって太陽の光を浴びてから15時間ぐらい
経過しないと分泌されないと言われています。なので朝起きると大体夜には
このメラトニンが分泌されるようになって徐々に眠たくなってくるというわけです。