いろいろな歯の悩み

歯の悩みというと虫歯を筆頭に知覚過敏や歯周病など尽きないものですが
その原因の一つと考えられているものの中に酸蝕歯というものがあります。
なんだか難しい感じですが「さんしょくし」と読むそうです。現在日本人の
6人に1人はこの酸蝕歯になっていると言われています。この酸蝕歯というのは
日常で摂取する飲食物の中に含まれている酸によって歯の表面のエナメル質が
溶けてしまっている状態のことをいいます。

エナメル質というのは歯を
守っているもので歯医者での治療をしたことがあればわかると思いますが
かなり頑丈なものです。治療に使われているドリルにはダイヤモンドが
使われていたりするほど穴を開けたり削ったりするのが困難なのですが、
そのエナメル質の唯一の弱点ともいえるのが酸なのです。この酸蝕歯になって
しまうと虫歯や歯周病のリスクが高まることはもちろん、歯の黄ばみや
溶けたり欠けたりしてしまうこともあるので注意が必要です。基本的な
対策としては酸性度の高い飲食物を避けたり、飲食した後にはすぐに
歯を磨いたりすることが有効です。たまにレモン汁で歯を磨くと歯が白くなると
いう知恵みたいなものがありますがこれは全くのデタラメでこんなことを
していると間違いなく酸蝕歯に一直線になってしまうので注意しましょう。